2009年12月13日

毛羽立ち解消

最近急に忙しいプロジェクトが立ち上がりまして、、、
今週も土日仕事を半ば覚悟していたのですが、奇跡的にフリーに!

嫁も昨日は出掛けていたので、青山のBrift Hに行ってきました。

目的はスエード靴の手入れ!
スエード靴の手入れ方法は色々雑誌で読んだりするものの、イマイチよくやり方がわかりませんでした。

特に気になっていたのが、スエードの毛羽立ち。
スエード靴って履いてると毛羽立ってきますよね!?これをどうにかしたいなーと思ってました。

で、手入れして頂いた結果が、こちら。



cj_savile.jpg

Before/Afterの比較が無いので、わかりづらいかもしれませんが、、、
持っていく前はアッパーがところどころ毛羽毛羽していたのに
毛足が短く落ち着き、上品さを取り戻してくれました!

僕の中で目ウロコだったのは、
・りん青銅製ブラシで「何度も何度も丁寧に」ブラッシングを施し、毛を起こし、毛並みを整える
・その上で、毛羽立っている部分は、紙ヤスリで擦り、長い毛を切ってあげる

ということです。

雑誌にも色々書いてありますが、やはり目の前でやっていただくのを見るのが一番勉強になります。



brush1.jpg

で、上記のりん青銅ブラシは早速購入してしまいました。

スエードのブラシは消しゴムみたいなやつもあれば、ゴム製のものもあれば、銅製のものもあり、
どれが適しているのかよくわかりませんでしたが、
極細なこのりん青銅ブラシは硬さはあるのに皮革を痛めることも無く、これ一本で大丈夫!とのことです。



brush2.jpg

ところで、ブラシと言えば少し前に「鏡面仕上げの上からかけられる!」
という山羊毛製のブラシを購入しました。これも良いですよ!

江戸屋製で、包装がやたら豪華でした。この箱の中には、赤い絨毯みたいなのが入ってました。笑

※これはB.R.SHOPで購入しましたが、Brift Hでも山羊毛製のブラシは取り扱いがあります。



brush3.jpg

ブラシつながりで言うと、スーツ、ジャケットの手入れにはKentのブラシを使ってます。

手前はカシミヤものに適していて、奥のダブルフェイスのものは
ウールのジャケット/スラックスに適しているものです。

英国からの個人輸入で日本の半額以下で買えるのでおすすめですよ〜。

posted by minmin at 10:36| Comment(4) | shoes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。